医師が処方してくれる薬よりもジェネリック医薬品が期待がもてる

医師に処方してもらったり、海外からインターネット通販で個人で購入したりすることでジェネリック医薬品を手に入れることができる。

医師が処方してくれる薬すべてにジェネリック医薬品があるとは限らないが、今現在使用されている医療用の医薬品の大部分は既に特許が切れており、多くのジェネリック医薬品が存在している状態になっている。

価格が低く設定されているのがジェネリック薬品の魅力で、とりわけ「高血圧」「高脂血症」「糖尿病」など慢性疾患で継続的に長期間に渡って薬を服用している人にとって、ジェネリック医薬品に変更することにより薬代の負担は劇的に軽減される。

慢性疾患の病気以外の人たちでも特許期間が過ぎている薬を全部ジェネリック医薬品に変更できれば、国民の医療費は年間ベースで数兆円セーブできると試算されている。

ジェネリック医薬品は通常の医薬品と同じ成分で製造されているので、特に薬を使う機会が多い人は服用している薬にジェネリック医薬品があるかチェックしてみると良いだろう。

場合によってはかなりの節約が期待できると思う。

欧米諸国を見てみると、すでにジェネリック医薬品は処方薬の60%以上の占拠率でインターネット通販も積極的に行われている。

一方日本ではまだ処方全体の20%にも届かないぐらいだから、まだまだ利用していなく損をしている人が多いようだ。